S2CLUBサイパン店 ライセンスコース知っ得情報

ライセンスコースのコツ!

ライセンスコースのコツ
サイパン店フェイスブック サイパン店インスタグラム サイパン店ブログ

1.深夜便着や早朝便発の方へ

深夜の飛行機をご利用の方へ

移動時間を有効に使える夜の飛行機。サイパンへも夜の移動で遊びに来る方はたくさんいらっしゃいます。

ただ、例えばサイパン空港に深夜0時着予定だとすると、そこから入国、税関、ツアーでご参加の場合はホテル行きの大型バスに全員揃うまで待ったりしますので、 飛行機到着時間から、ホテルのお部屋に入るまで2時間程かかる場合もございます。

ライセンスコースの朝のお迎えは7時30分頃。初めてのダイビングになるライセンスコースはもちろん緊張もしますし体力も使います。

寝不足でふらふらといった状態では安心してご参加頂くことは出来ません。前日からしっかりと体調を整えていらして下さい。

また、寝不足の場合耳抜きが困難になる方もいらっしゃいます。

また、ダイビング終了後飛行機には18時間乗ることが出来ません。早朝の便でご帰国の場合はお気を付け下さい。

ライセンスコースはスキル等の内容もたくさんあります。深夜にご到着、早朝にご帰国の場合はダイビングが可能な時間も限られてしまいます。 無理の無い旅行計画をお勧め致します。

これだけはお手伝いできません『耳抜き』

耳抜き

個人差がとても大きい【耳抜きのしやすさ】。『意識してやらなくても耳痛くなりません。』という方から、『ちょっと降りたらもう耳抜きです。』という方までいらっしゃいます。

実際にダイビングをする時の大切なポイントは【降りていくスピード】。他の方に合わせる必要はありません。自分のペースでゆっくり降りて下さい。

ただ、耳抜きの方法がしっかりと理解できていないために耳が痛くなってしまう方もいらっしゃいます。耳抜きは陸上でも確認ができます。是非今練習してみて下さい。

まずお鼻をしっかりつまみます。そのままつばを飲み込む、もしくはお鼻から息を吐こうとしてみます(じんわり鼻をかむ感じです)。 耳の奥で何か変化(聞こえ方が詰まった感じなったりする方が多いです)が分かればそれが耳抜きです。

たぶん皆様が出来ると思います。これが、実際のダイビングと今陸上で練習した間での違いで分かりにくくなるんです。

違いは2点。まず、マスクがお鼻を覆っているのでマスクごとお鼻をつままなくてはなりません。お鼻の下の方、小鼻をつまむような感じでしっかりとつまみましょう。

次にレギュレーターをくわえているという点。これは陸上でお口を開けた状態で耳抜きをする練習をしてみて下さい。 つばも飲み込みづらいと思いますし、お鼻から吐こうとしたら開いているお口から息が漏れていませんか?舌の奥の方を上アゴにつけて、お口から息が漏れないようにして耳抜きしてみて下さいね。

しっかりと耳抜きは出来ましたか?心配な方は遠慮なくインストラクターまでご相談下さい。

お勉強のポイント!

きっと皆様一番気になる『学科テスト』。しっかりと予習していれば決して難しい物ではありません。 ただ、事前学習が終わっていなかったりすると全く分からないと思いますので、しっかりとご自宅で予習お願い致します。

ライセンスコースは実技だけでも朝からかなりの時間がかかります。『現地でお勉強すればいいでしょ。』といった時間はほとんどとれません。 しっかりと事前学習をしてテストも余裕で合格しましょう。

ここをしっかり理解しておくと楽ちん♪テストで間違いが多いポイントです。

シリンダーについて

教科書60ページから、シリンダーとバルブについてテストへの出題があります。ヨークとDINの違い?検査はどのくらいの頻度?空にしてはいけない理由などしっかりと理解しておきましょう。

ハンドシグナル

教科書70ページから、ハンドシグナルについては10問程度出題があります。

適切なウエイト量

教科書109ページ、適切なウエイト量の測り方について出題があります。

ダイブコンピューターについて

教科書195ページから、ダイブコンピューターのルールで10問程度出題があります。教科書内の練習問題を解いておけばばっちりです!

ガス昏睡

教科書230ページから、ガス昏睡になった場合の対応について出題があります。

安心して潜るために!

マスクは購入をお勧めします

ダイビングを始めた時に一番気になるストレス。それは、『マスクに水が入ること』

これを最もたやすく解決してくれるのが、しっかりと顔にフィットした自分のマスクを使うことです。

西洋人とアジア人は顔の形がかなり違います。現在ではそれぞれの顔に合うタイプのマスクが各メーカーから販売されています。

ダイビングは器材への依存度がかなり高いスポーツであり、本場アメリカではレンタル器材で潜る方は少数派。

いきなり全ての器材を揃えるのはお財布が大変ですが、マスクだけはご自身の物を使って頂きたい。きっと全てのインストラクターがそう思っています。

サイパン店でも日本人の顔にフィットするマスクを販売しています。是非講習開始前に手に取ってみて下さい。

サイパン店器材販売紹介ページ

もっと楽しく!!

思い出は写真に!レンタルデジカメ

ライセンス講習でもデジカメをレンタルしたり、ご自身のカメラを持って来て水中写真を撮影する事が可能です。

ライセンス講習初日は皆様の安全のため、カメラを持ってのダイビングは控えて頂くお願いをしていますが、 2日目になれば皆様ご自身にも余裕が出てきますので是非お勧め致します!

もちろんインストラクターが数枚撮影することも出来ますのでお申し付け下さい。

写真のデータはスマホに転送、メディアにコピー、CDRに保存など即日お渡し。事前予約なら割引もございます。

レンタルデジカメ:$40 事前予約割引:$30

講習後が本当の楽しさ!

ライセンス講習のダイビングももちろん楽しい物ですし、ライセンス取得の達成感は素晴らしい物です。 ただ、ダイビングが本当に楽しいのはライセンスを取った後から!

ライセンス講習が順調に進むと、講習2日目は午前中に実技が終了し、午後早速1ダイブ遊びのダイビングをすることが出来ます。 もちろん、日程の余裕のある方なら翌日ファンダイブへご参加頂くことも出来ます。

ライセンス講習では行けなかった範囲まで泳いだり、ライセンス講習とは違うポイントやボートダイブでより新しい楽しみを経験する事が出来ます。

講習当日でしたらレンタル器材料金も無料ととてもお得。スタッフも一押し、行かなきゃ損です!

ライセンス講習当日ファンダイブ(1ダイブ):$50

よりきれいな外洋へ!

通常ライセンスコースはビーチダイブでの開催となります。よりダイナミックなダイビングがお楽しみ頂けるボートダイブでの開催ももちろん可能です。

講習初日はビーチダイブでしっかり慣れて、2日目はボートダイブで透明度抜群の外洋へ!といったスケジュールでダイビングのとりこになってしまう事間違い無し!

事前にご相談頂くことも出来ますし、現地でインストラクターに遠慮なくお伺い下さい。

ボート乗船料金:お一人様1ダイブ$25