S2 CLUB 店舗一覧

全店共通・ダイビング病歴診断チェックリスト

過去と現在の病歴に関する下記の質問をお読み下さい。
該当項目がある場合はご参加時に医師による診断書の
提出をお願いする場合がございます。

PADI病歴/診断書のご提出について

医師の署名入りの『PADI病歴/診断書』のご提出は書式を読んで頂くと
わかりますが質問項目に『YES』があった場合にのみ必要になると書かれ
ております。

当社では近年中高年のダイバー人口の増加に伴いダイビング中に病気を
発症する事故が増えております。

ダイビング中は特に呼吸器と循環器系に負担がかかる場合があります。

陸上では問題が無くても水中では問題が複雑化する事があります。
そのような危険性が高くなる中高年の方に対しての安全配慮を十分に
させて頂いております。

ダイビングに適した健康状態かどうか改めてご自身で確認して頂く必要が
あると考えております。医師へご相談して頂く事によってご自身の健康状態
に関して見解を得る事が出来ればご参加される皆様ご自身の安心や安全が
確保する事が出来るものと考えます。

楽しくダイビングして頂く為にもご理解とご協力の程よろしくお願い致します。

『PADI病歴/診断書(記入例)』はこちらをクリックして下さい。

こちらより『PADI病歴/診断書』をダウンロードの上プリントアウトしてして下さい。

 

該当する項目があった場合の病院での受診について

かかりつけの病院があれば、そちらの病院の医師へご相談下さい。特にかかりつけの
病院や医師などが無い場合は、最寄りの病院の内科へご相談下さい。

病院や医師によっては診察してくれない場合もありますので事前に『ダイビングの病歴/
診断書にサインにしてほしい』との旨を電話でご確認の上、受診する様にお願い致します。

お近くでどの病院で受診したら良いのか、持病や不安のある場合で病院がわからない場合
などはダイビングに詳しい病院や医師を検索出来るページがございますので下記をご参考
にしてみて下さい。

『DANジャパン(ダイバーズ アラート ネットワーク)』

 

1.現在妊娠している。もしくはその可能性がある。

2.現在処方せんによる投薬を受けている。(避妊薬、マラリア予防薬は除く)。

3.過去3年の間に気管支喘息の発作が起きたことがある。

4.肺の病気(気胸や肺炎など)がある。または過去になったことがある。

5.てんかん発作の経験がある。またはそれを抑えるための薬を服用している。

6.高血圧症、または血圧降下剤などの血圧をコントロールする薬を服用している。

7.心臓、血管、血液などの病気になったことがある。またはその手術をしたことがある。

8.胃や腸の手術(潰瘍など)をしたことがある。

9.人工肛門の手術をしたことがある。

10.怪我や手術の後遺症がある。

11.精神的、心理的または行動上の問題がある。閉所、広場、高所恐怖症など

12.ダイビング事故や減圧症の経験がある。

13.耳や副鼻腔の病気(中耳炎、外耳炎、蓄膿症)や平衡感覚障害がある。

14.花粉症、またはアレルギーの激しい発作がある。

15.極度の乗り物酔いがある。

 

45歳以上の方にお伺い致します。

1.タバコ、葉巻、パイプを喫煙していてそれが原因で病院にかかったことがある。

2.コレステロール値レベルが高い。

3.家族に心臓発作や脳卒中の病歴がある方がいる。

4.現在診療を受けている。

5.高血圧である。

6.食事療法で調整しているが糖尿病である。